洗顔 毛穴

洗顔していても毛穴の汚れはなぜ起きる?

毎日洗顔しているのに毛穴が詰まって汚れているという状態はどうして起きるのでしょうか。多くの女性は、幼児期から小学生くらいまでは、キメが細かくて毛穴なんてまるで目立たないプルプルなお肌でしたよね。でも、思春期を過ぎてから毛穴が目立つようになって、角栓が詰まっていたり、イチゴ肌で悩むという方が少なくありません。あの綾瀬はるかさんでさえ、画像を拡大してみたらイチゴ鼻だったというのをネットで見かけたことがありますから、どんなに気を付けても多くの女性が毛穴の悩みを抱えています。思春期の頃から、皮脂が過剰分泌されるようになり、皮脂が詰まるからです。他の体のパーツに比べて顔には毛穴が多いので、毛穴が目立ちやすく皮脂も分泌されやすいのです。さらに鼻の周辺の毛穴は、奥行きが深く、皮脂が溜まりやすいようにできています。大人になると、肌が乾燥して硬くなるため、毛穴も硬くなって開いた状態になり、汚れ、メイク、角質が溜まりやすくなってしまうのです。もともと溜まりやすくなっている状態のところに、メイクを取り切れていないなどの悪循環が加わることでさらに毛穴が汚れているように感じます。メイククレンジングは、ジェル、クリーム、ミルク、オイルなど色んな種類がありますが、種類によってメイクの取れやすさが異なりますから、自分のメイクに合ったクレンジングを使うようにしましょう。

 

DUOクレンジングの口コミ